エスタ申請を自分でするならクレジットカード必要?

エスタの申請代行業者はたくさんいます。
あなたがアメリカ旅行に行こうと考えた時に、エスタのことを調べてみましたか。
エスタは自分で申請することもできますが、業者に依頼して代行してもらうこともできるのです。
申請代行業者のサイトを見てみると、わかりにくく、面倒な申請をスピーディーに行いますと書かれています。
代行業者が取る手数料は4,000円~6,000円ぐらいです。
申請代行業者は手続きに慣れていますから、ほんの2,3分で済むことでしょう。
その時間で6,000円もの手数料を受け取ることができるならば、高収入なビジネスとなりますよね。
国内で代行業者に依頼した人の多くが騙された気持ちになってしまうことも当たり前かもしれません。
そのような高額な手数料を取るのではなく、もっと良心的で納得できるような金額設定をする業者はないのでしょうか。
ネットで調べてみると、業者間の価格比較もあります。
しかし、これらを調べるよりも自分で申請することを考えた方が近道です。
パスポートとクレジットカードを持っている人ならば、自宅のパソコンを使って数分で手続きを終えることができます。
手続きは難しくないからです。
また、申請が許可されたならば2年間は有効です。
クレジットカード現金化は、カードの利用停止・契約解除の対象です