新しい家に変わったら引っ越した先の住宅がフレッツ光以外は使えませんでした

住み替えをしたら、住み替えた先の住宅がフレッツ光以外の回線には対応していませんでした。
以前から契約していた通信会社を引き続き活用したかったのですが、それ以外に選択肢がなく、用いることにしました。
月が変わるごとにあることなので今までの倍の料金の負担が重いです。
ワイモバイルは毎月の維持費がどんなに少なくても3000円程度必要になってきますが、2台以上使っている場合には、500円のディスカウントという特典があります。
それだけでなく、契約事務手数料や解約金がサービスされたりと、二台目からの契約がお得になります。
なので、今後は、au、docomo、softbankに代わって、普及率が向上していくと思われます。
フレッツwi-fiが接続できない時には、いったんすべての装置の電源をリセットしてはじめから接続し直してみると良いでしょう。
それをしても接続が実現できない場合には、設定をもういちど見直してみます。
顧客サービスに電話してみれば丁寧に教えてくれますが、電話がなかなかつながりにくいのがネックです。
プロバイダの選択をする時には事前にその評判を調べておくのがより確実です。
プロバイダを決めるうえで重要なのは接続の時に安定しているか、速度が安定しているのかなどですから、きっちりと確認してください。
さらに地域によっても違いが出てきますので、ご自身の暮らす地域の情報も確かめておくと良いです。